このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
コロナワクチン被害者駆け込み寺

当会の趣旨

駆け込み寺 代表 鵜川和久
当会は、高橋徳先生、中村篤史先生、池田としえ議員、谷本誠一議員と賛同議員、医師、ボランティア有志である駆け込み寺スタッフで構成されています。

【目的】
ワクチン接種による差別の即時中止(ワクチンハラスメント等)
ワクチン被害者に対する側面からのサポート(新型コロナワクチン後遺症患者の会)
被害者、遺族の集団訴訟に対する側面からのサポート

【詳細】
①ワクチン被害者の救済(国や地方自治体への書類手続きの補助)
②ワクチンの危険性を訴える医師の診察と相談等
③ワクチンハラスメントに対する訴訟支援
④被害者及び遺族の集団訴訟の支援


【近々の方向性】
ワクチン被害者や遺族の救済活動、国に対する集団訴訟。
被害者が相談できる環境の整備と構築。

【ワクチンハラスメントについて】
今現在、ワクチンによる人権侵害が水面下で行われています。
例えば未接種者は老人ホームの面会が許されないや、病院での診察、入院、面会も許可されない。
職場で差別を受けている、等々...
この様な被害に対しての相談窓口の開設。

当会は相談無料です。
また、必要に応じて各分野のスペシャリストのご紹介を致します。
お知らせ

特定非営利活動法人 Zen

協力団体のご紹介

私たちZenは、緊急時、災害、などの際、人道支援を目的とした団体です。

人々が困っている時、国の支援は今の政府を見ていると、あまり望めません。

そういう時こそ、民間です。

人が人を助ける。

この当たり前と思える行為が、今となってはなかなか出来ない行為の時代です。

人が人を助け、それを見た人が、助けられた人がほかの人を助ける。

これからの時代、分断されたこの人間関係を、繋いでいく。

そういう団体でありたいです。

特定非営利法人 Zen 理事長 小野瀬英利


お知らせ

ワクチン後遺症患者の会

2021年12月24日に
<コロナ前の暮らしを取り戻そう!市民の会>
鳥集 徹 氏
一柳 洋 氏
早田雄次郎 氏
浜地道雄 氏
を中心に【ワクチン後遺症患者の会】が発足されました。

こちらではコロナワクチンの後遺症に苦しむ方を救済するために活動をされています。
接種後の後遺症にお悩みの方はこちらをご覧下さい↓
【ワクチン後遺症患者の会】詳細

被害のご相談はこちらのワクチン後遺症患者の会 会員登録へお進み下さい↓

ワクチン後遺症患者の会 会員登録

〜以下、活動詳細文面より抜粋〜

現在3回目の接種も始まった中で、たくさんのワクチン後遺症患者が、医療機関でまともな治療を受けることができず、治療費や生活費の援助もないままに、
心身ともに追い詰められていくのではないかと不安に感じています。
こうしたワクチン後遺症患者を救うためにも、第一に政府やマスコミがその存在を認めることが不可欠です。

わたしたちは政府に対して、ワクチン後遺症患者の実態調査を行うとともに、
後遺症への補償、治療費・生活費の援助、医療機関による受け入れ体制の充実、
治療法の研究・開発を進めるよう強く求めます。
お知らせ

動画コンテンツ配信専用サイトオープン

このページは「難儀なコロナを考える会」及び「コロナワクチン被害者駆け込み寺」(以下まとめて当会)主催で開催されたセミナーや講演会、勉強会の映像を公開するためのページです。

当日に有料でご参加頂いた講演会の映像も含まれますので、有料での配信とさせて頂きます事をご了承下さい。

当会主催の講演会や勉強会の映像など、配信希望などございましたら配信ページの
お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。
お知らせ

HEAVENESE style episode92 (2022.1.9号)
『新生日本再出発/先にある喜び』

東京を拠点に様々な活動をされています【HEAVENESE】様のYouTube生配信に、当会代表が被害者の声を広く伝えるために出演致しました。

詳細はYouTubeより是非ご覧下さい。
お知らせ

-----タオ療法-----
ワクチン被害者・癒しDAY

ワクチン駆け込み寺の鵜川和久様と、日の市議会議員で「子宮頚がんワクチン被害者連 絡会事務局⻑」の池田としえ先生のご縁で、日々増えている深刻なワクチン被害者の方々がいらっしゃることを、改めて知りました。

そこで、タオ施療臨床スタッフは被害に遭われた方への定期ボランティア施術の日 を設定することを決定しました。

人々を痛み苦しみから解放し、心身を癒すために生まれたタオ療法。
僧侶が創始したこの手技は、東洋医学の経絡と、 仏教の利他の修行を土台にしています。
タオ療法は現在、世界8か国で実践され、日々その効果が各地で実証されています。
施療スタッフ/門下生は、人々のお役に立つこと、明るい社会が生まれることを願い、ワクチン被害者の方々へのボランティア施術を実施します。

京都と東京で、それぞれ月1回、2日間連続して行います。

【京都】
1月20日(木)
1月21日(金)

場所:京都市東山区古門前通大和大路東入ル 元町367-2
(京阪三条駅より徒歩3分)
連絡先:メール seryo-kyoto@taoshiatsu.com
TEL/FAX 075-551-2770

【東京】
1月24日(月)
1月25日(火)

場所:東京都中野区野方1-5-11 (JR/東京メトロ 中野駅より徒歩13分)
連絡先: メール seryo-tokyo@taoshiatsu.com
TEL 03-3385-7558


タオ療法HP:https://taoshiatsu.com/

お知らせ

救済基金ショッピングサイト開設

当会のショッピングサイトは収益の全部を被害者救済の費用、及び活動費用に充てさせていただきます。
現在、マスクやワクチン接種の同調圧力が酷い中、多数のシェディング被害も報告されております。
また、接種者の副作用被害も収まるどころではありません。
その様な健康被害に対し、少しでもお手伝いできる商品を揃えていきます。


今後とも皆様のご支援、ご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

世話役 鵜川和久
お申し込みは下部ボタンのPeatixよりご応下さい。

コロナワクチン被害者駆け込み寺
配布用チラシのお知らせ

「コロナワクチン被害者駆け込み寺」のチラシデータを誰でも自由にダウンロード出来るように致しました。

下記のリンクよりご自由にご利用下さい。

記者会見動画アーカイブ

ニコニコ動画にて配信、または生放送された動画のアーカイブを保管したマイリストです。
アーカイブ動画はニコニコ動画に未登録、一般会員(無料登録)の方でも見る事ができます。

ワクチンによる副作用に関する
お問い合わせ

新型コロナワクチンの副作用、後遺症にお悩みの方は
こちらの【ワクチン後遺症患者の会】へ
お問い合わせ下さい。
※ご登録いただいた個人情報は公表されず、漏洩しないよう厳重な管理されています。

ワクチン被害者遺族及びワクチンハラスメントに関する
お問い合わせ

当会では被害に遭われた方々に対し医師、
弁護士と共同で救済活動を行なっております。
被害に遭われた方々への救済の一環として
ワクチン被害者の集団訴訟を念頭に、
救済活動をしております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

募金のお願い

当会はワクチンハラスメント、ワクチン被害者の相談窓口として
設立されました。

被害者の中には健康被害で収入の見込めない方や、
ワクチンハラスメントで職を失った方も数多く存在しております。
また遺族の方も裁判する費用の捻出は困難な状況の方々が多
数居ております。


そんな方々を応援してあげよう、
支援してあげようと声を上げてくださる方々の
お気持ちを頂ければ幸いです。


今や、国はワクチンパスポートを必須とした管理社会の構築を
水面下で進めております。

被害者の救済、差別に対する反対の声を大きく上げることで、
このおかしな状況にストップをかけて行きたいと思います。

これから沢山の被害を目撃することになると思いますが、
一人でも多くの方が救われることを祈っております。

皆様からのご支援状況のご報告
※不定期更新予定

2022年1月26日現在
募金金額
505,000円
募金人数   45名

皆様方の温かいご支援に、
あらためて心より
厚く御礼申し上げます。
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥1,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥3,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥5,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥5,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥10,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥50,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥100,000円
ワクチン被害者訴訟支援募金
募金金額 ¥100,000円