駆け込み寺 代表 鵜川和久(facebookはこちら

当会は、中村篤史先生、池田としえ議員、

谷本誠一議員と賛同議員、青山雅幸弁護士と

賛同弁護士2名、医師、

ボランティア有志である

駆け込み寺スタッフで構成されています。

LINE オープンチャット開設のお知らせ

このオープンチャットでは新型コロナワクチンにより被害を受けた方の情報収集、またその情報の拡散、現在各地で公開しております自主制作映画の上映スケジュールなどの情報をお伝えします。

※オープンチャットでのご相談は受け付けておりません。
ご相談に関しましては「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。

 

 

【目的】

ワクチン接種による差別の即時中止

(ワクチンハラスメント等)

ワクチン被害者に対する側面からのサポート

(新型コロナワクチン後遺症患者の会)

被害者、遺族の

集団訴訟に対する側面からのサポート

【詳細】

①ワクチン被害者の救済(国や地方自治体への書類手続きの補助)
②ワクチンの危険性を訴える医師の診察と相談等
③ワクチンハラスメントに対する訴訟支援
④被害者及び遺族の集団訴訟の支援

【近々の方向性】

ワクチン被害者や遺族の救済活動、

国に対する集団訴訟。

被害者が相談できる環境の整備と構築。

【ワクチンハラスメントについて】

今現在、ワクチンによる人権侵害が水面下で行われています。例えば未接種者は老人ホームの面会が許されないや、病院での診察、入院、面会も許可されない。職場で差別を受けている、等々…この様な被害に対しての相談窓口の開設。

当会は相談無料です。

また、必要に応じて各分野の

スペシャリストのご紹介を致します。

お問い合わせはこちらです。